若松 大介

オブ・カウンセル

プロフィールを印刷

若松 大介(のぞみロサンゼルスオフィス所長) Daisuke WAKAMATSU

主要取扱分野

クロスボーダーM&A・ジョイントベンチャー

日本企業による海外企業の買収、海外企業による日本企業の買収、日本企業・海外企業間のジョイントベンチャー等における、法務デュー・ディリジェンスの実行、取引ストラクチャーに関する助言、関連契約書(株式譲渡契約、株主間契約等)の作成・交渉、海外法律事務所との連携等
(取扱案件の一例)
・日本企業による米国、カナダ、ブラジル、南アフリカ、インド、イギリス、ドイツ、ポーランド等における現地企業の買収
・日本企業による海外企業買収に伴う関連各国(日本、EU、ブラジル等)での企業結合届出
・日本企業によるブラジルでのジョイントベンチャー組成
・オランダ企業による日本企業の事業譲渡を通じた取得
・ドイツ企業による日本でのジョイントベンチャー組成
・タイ企業による日本企業買収における買収ファイナンス
・ブラジルにおける日本企業・現地企業間のジョイントベンチャーの解消

米国企業法務

英文契約の作成・交渉支援、日本企業の米国子会社におけるジェネラルコーポレート(社内規程作成、労務関連の助言等)、米国訴訟・ディスカバリー手続支援、各専門分野の米国弁護士との連携
(取扱案件の一例)
・米国法準拠の契約作成・交渉(販売代理店契約、業務委託契約、ライセンス契約、OEM契約、秘密保持契約等)
・各種英文契約のひな形の作成(業務委託契約、秘密保持契約等)
・労務問題に関する助言(就業規則その他労務関連規程の作成、雇用契約の作成等)
・米国企業の社内規程に関する助言(プライバシーポリシー、文書管理規程等)
・日本企業による米国事業に関する組織内再編
・日本企業のFCPA、カルテル案件への対応・助言
・日本企業が被告となった米国訴訟(カルテル、契約違反、特許侵害等)におけるディスカバリー手続に関する助言

経歴

    2005年
    司法試験合格
    2006年
    一橋大学経済学部 卒業
    2007年
    司法修習生(旧60期)
    弁護士登録(第二東京弁護士会)
    2007年-2011年
    外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ
    2009年-2010年
    三井物産株式会社法務部 出向
    2012年-2015年
    ベーカー&マッケンジー法律事務所外国法共同事業
    2014年
    University of California, Los Angeles School of Law(LL.M.)終了
    2015年
    Soliton Cyber & Analytics, Inc.
    カリフォルニア州弁護士登録
    2018年
    当事務所入所

所属団体

  • Japanese American Bar Association

著作・論文等

  • ビジネスロージャーナル 2012年9月号 World Legal & Business Guide – 南アフリカ(共著)
  • ビジネスロージャーナル 2012年11月号 World Legal & Business Guide – ドイツ(共著)

弁護士一覧に戻る