山田 瞳

オブ・カウンセル

プロフィールを印刷

山田 瞳 Hitomi YAMADA

  • TEL : 03-3234-3755
  • FAX : 03-3237-7667

主要研究分野

景品表示法・特定商取引法・消費者安全法等の消費者関連法

・景品類・表示規制,その他消費者保護規定の遵守のための予防法務
・当局による調査への対応
・当局による措置に対する不服申立て(審査請求・訴訟)

医療法務

・医療機関における医療法務全般
・健康保険法等に基づく当局による指導・監査・行政処分への対応

企業法務全般

・コンプライアンス・企業不祥事対応(調査委員会等)
・知的財産権・エンターテイメント
・各種契約法務
・労務
・訴訟・紛争対応
・法務デュー・ディリジェンス

その他

・名誉毀損、一般民事・家事

経歴

    2002年
    中央大学法学部法律学科卒業
    2008年
    東京大学法科大学院卒業
    2008年
    司法試験合格
    2008年
    司法修習(新第62期)
    2009年
    弁護士登録(第二東京弁護士会)
    2013年~2018年
    放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会法律専門調査役(非常勤)
    2019年1月~2021年12月
    消費者庁総務課・法規専門官(訟務)
    2022年1月
    当事務所復帰

弁護士会活動等

  • 第二東京弁護士会 常議員(2014年度)
  • 第二東京弁護士会 綱紀委員会嘱託弁護士(2022年1月~)

著作・論文・報告等

  • ◆『 Q&A 改正消費税の経過措置と転嫁・価格表示の実務』
    共著(㈱清文社 2013年)
    ※ご購入は、全国の書店、オンライン書店、もしくはこちらへどうぞ
  • ◆「近時の食品偽装・誤表示の傾向と予防策」
    共同執筆(「会社法務A2Z」2018年8月号 第一法規㈱)
  • ◆「事例でわかる消費税転嫁対策特別措置法のポイントQ&A(連載)」
    共同執筆(「Profession Journal」 2014年4月~ ㈱プロフェッションネットワーク)
  • ◆「世界法曹の一員としての感動を覚えた2013年ボストン大会」(アイ・エル・エス出版 2014年8月号・特集「IBA年次総会が東京にやってくる」)

講演等

  • ◆ 指導・監査・処分改善のための健康保険法改正研究会第2回シンポジウム(2013.9.8)での「病院に対する保険医療機関指定取消処分について司法による執行停止処分が認められた事例に関する活動報告」
    (m3.com 医療維新 に2013年9月10日付記事に掲載)

弁護士一覧に戻る