知的財産・エンターテインメント・IT

近時、社会の高度情報化・高度技術化が目覚しく進むにつれて、「モノ」ではない「情報」の重要性・価値が飛躍的に高まっており、これを戦略的に管理・活用・保護していくことは、企業にとって重要な課題となっています。

のぞみ総合法律事務所では、知的財産権やITといった幅広い知的財産に関する業務のほか、エンターテインメント法務も業務の大きな柱の一つとして長年にわたって多くの案件を取り扱ってきており、これらの分野において特に高い評価をいただいてきました。

当事務所では、長年に渡って培ってきた知見やノウハウをもとに、クライアントの要望に的確に応えられるサポートを提供しています。

主な担当弁護士

主な取扱業務

知的財産権取引・契約、知的財産紛争

知的財産権には、特許権、商標権、著作権、意匠権など様々な権利があり、これを保護する法律は多岐に渡ります。また、社会や文化の急速な変化に対応するため、近時、頻繁な法改正がなされています。

このような状況の中で、保有している知的財産を戦略的に活用し、第三者からの権利侵害を防ぎ、大切なビジネスチャンスを逃さないようにするためには、知的財産権の管理が必要不可欠となっています。

のぞみ総合法律事務所では、ライセンス契約、研究・開発契約、著作権契約など様々な類型の知的財産権に関する取引について、ビジネススキームに関する助言、契約書の作成、契約交渉、その後の継続的アドバイスなどの日常的なサポートから、知的財産権の侵害訴訟・仮処分などの訴訟手続や紛争についての諸対応まで、知的財産権に関するビジネスを総合的にサポートします。

取扱案件の一例

  • 著作権・商標権・意匠権・特許権等の各種許諾契約の作成、助言等
  • 著作権侵害に関する検討、助言、任意交渉、刑事告訴のサポート
  • 商標権侵害に関する検討、助言、任意交渉、差止・損害請求訴訟、刑事告訴のサポート
  • 商標登録取消審判
  • 商標権に関する審決取消訴訟
  • 米国の商標権者を代理し、日本国内での類似商標出願者と交渉し、成功裏に妥結した事例
  • 意匠権侵害に関する任意交渉,差止仮処分
  • 特許権侵害に関する任意交渉

営業秘密・ノウハウ保護

企業が保有する技術上・営業上のノウハウである営業秘密は、企業にとっては大切な財産であり、その管理・活用の方法次第で企業価値が大きく左右されることもあります。

のぞみ総合法律事務所では、不正競争防止法や営業秘密管理指針などを踏まえ、営業秘密管理のための社内規則・体制整備、契約書の作成のほか、営業秘密の不正取得・利用等を内容とする損害賠償請求その他の民事手続や、刑事上の法的手続に至るまで、企業の営業秘密・ノウハウの保護・管理を総合的にサポートしています。

取扱案件の一例

  • 営業秘密・ノウハウの守秘義務に関する契約書、社内規則等の作成
  • 元従業員による営業秘密の不正利用行為に関する任意交渉
  • 営業秘密使用差止めの仮処分
  • 周知表示行動惹起行為に対する不正競争防止法に基づく使用差止・損害賠償請求訴訟
  • 不正競争防止法に基づく刑事告訴
  • 税関の輸入差止申立ての審査における専門委員として、権利侵害の有無の検討についての意見を作成

エンターテインメント・スポーツ・ゲーム

エンターテインメントには、テレビ、映画、音楽、舞台、コンサート、出版、広告、ゲーム、スポーツ等様々な分野がありますが、いずれも多様な当事者が関与して成立するビジネスであり、その権利関係は非常に複雑になっています。

従来、我が国のエンターテインメント業界では、契約書が作成されないことも多く、業界内の慣習や信頼関係に基づいてビジネスが行われることが一般的でした。

しかしながら、近時、エンターテインメントビジネスの多様化、国際化、規模拡大などにより、関係者の権利意識も徐々に高まり、事前に契約書を交わしてから取引に入るという流れが主流となってきました。

のぞみ総合法律事務所はこれまで、国内外のエンターテインメントビジネスに関連する企業からのご依頼を数多くお受けし、国内の法律事務所の中でも有数の実績を有しております。そして、これにより培った豊富な知見やノウハウに基づき、契約書作成・マスコミ対応等の日常的なサポートから紛争や訴訟時における対応まで、あらゆる場面におけるサポートを提供しています。

取扱案件の一例

  • 芸能事務所等の顧問弁護士としての日常的法務サポートの提供
  • 映画・アニメ・ゲーム、音楽、広告等に関する契約書作成、紛争案件における助言・代理
  • 日本のタレントの外国での映画・音楽活動等に関する契約書作成・助言、外国のタレントの日本での音楽・広告活動等に関する契約書作成・助言
  • 著名人のプライバシー権侵害・名誉毀損となるマスコミ報道に関するメディア対応,任意交渉,訴訟
  • 芸能人のパブリシティ権侵害に対する差止・損害賠償請求訴訟
  • テレビドラマの監修
  • プロ野球球団の顧問弁護士としての法務サポート
  • 各種スポーツ選手の代理、選手・大会関連の契約書作成・助言
  • e-Sports事業に関する法的検討・意見書作成・助言

IT

社会の急速なIT化が進み、ITはビジネスだけではなく社会生活上も必須のインフラとなっています。これに伴い、IT関連法務も、システム開発契約・紛争からデジタルコンテンツに関する法務まで、幅広い内容に迅速に対応していくことが求められます。

のぞみ総合法律事務所には、大手IT系企業の社内弁護士経験者も在籍しており、開発担当者らとの研究会を開催するなどして、この分野についての専門知識を培い、大企業から中小企業の案件まで多数の案件を扱ってきました。さらに、弁理士、税理士とのネットワークも活用するなどして、IT関連法務に関するあらゆるサポートを提供しています。

取扱案件の一例

  • システム開発委託に関する紛争・訴訟対応
  • デジタルコンテンツやアプリ等の各種利用規約・プライバシーポリシーの策定・助言
  • 大手IT企業の顧問弁護士として、ビジネスパートナーとの販売代理契約、事業提携契約、開発委託契約書等、各種契約書の作成・助言等、日常的法務サポート